気仙沼水産資源活用研究会

組織概要

名称
気仙沼水産資源活用研究会
ブランドネーム
kesemo(ケセモ)
会長
足利 宗洋(株式会社足利本店 代表取締役)
設立年月日
2013年11月28日
所在地
宮城県気仙沼市八日町一丁目1番1号 気仙沼市役所内
連絡先
電話:0226-22-6600
メール:contact@kesemo.com
設置要綱
気仙沼水産資源活用研究会 設置要綱 PDF

水産資源活用研究会の沿革

平成25年11月28日
震災復興計画の「産業の復興と雇用の創造」の推進に向け、地域資源の高付加価値化に取り組む「気仙沼水産資源活用研究会」を設立。
平成26年1月~3月
気仙沼水産資源活用ワークショップを開催し、地域資源の活用方法を検討。
平成26年5月
ワークショップ結果から9つの商品開発ワークグループを発足(サメ高機能、ペットフード、ファーストフード、ホルモン、練り物、貝、海藻、イサダ、海水)。
平成26年10月
事業方針発表会を開催し、ブランドコンセプト「kesemo(ケセモ)」を公表。
平成26年10月
気仙沼産業まつりにて、フジテレビめざましどようびと連携し、「サメ料理コンテスト」を開催。
平成26年11月
成果発表会を開催し、会員、協力者(出資者、大学、研究機関など)が一堂に会し、研究・開発の成果、試作品などを発表。
平成27年2月
第39回宮城県水産加工品品評会にて、「サメ唐揚げ」が「宮城県水産加工研究団体連合会々長賞」を受賞。
平成27年7月
フカコラーゲンを活用した化粧品「フカコラーゲンミスト・ジェル」を開発。「株式会社KESEMO MARINUS(マリナス)」にて発売開始。
平成27年8月
三陸産ホヤを活用した「気仙沼ホヤソース」を販売開始。
平成27年11月
「気仙沼ホヤソース」が、「調味料選手権2015」の「素材がよろこぶ調味料部門」で、「最優秀賞」を受賞。
平成28年2月
東京浅草「まるごとにっぽん」にて、「kesemo発表会」を開催。
平成28年3月
経団連主催の「震災復興応援イベントin経団連会館」にて、活動成果をプレゼン。
フカコラーゲンミスト・ジェルが観光庁「東北100選」に選定。
平成28年8月
マリナスから洗顔料・メーク落とし「フカコラーゲンクレンズ」を販売開始。
平成28年9月
食品として第二弾商品となる「気仙沼ホヤ醤油」を販売開始。
平成28年10月
マリナスから保湿クリーム「フカコラーゲンクリーム」を販売開始。
100%気仙沼産のわかめを原料とした「三陸まるっとわかめドレッシング ノンオイル」を販売開始。
平成28年11月
「第27回全国水産加工品総合品質審査会」において、「気仙沼ホヤソース」が「東京都知事賞」を受賞。
「三陸まるっとわかめドレッシング ノンオイル」が、「調味料選手権2016」の「素材がよろこぶ調味料部門」で、
「最優秀賞」を受賞。
平成28年12月
産経新聞社主催「ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」において、「気仙沼ホヤソース」が「自治体が勧めるまちの逸品」優良賞を受賞。
平成29年2月
わかめドレッシング第二弾「三陸まるっとわかめドレッシング ごま」を販売開始。
「第83回東京インターナショナル・ギフト・ショー/第21回グルメ&ダイニングスタイルショー(同時開催)」にkesemo全商品を出展。
平成29年5月
マリナスより、高機能の日焼け止め「フカコラーゲンUVプロテクト」を販売開始。