第9回kesemoセミナー『食から始まる地域づくり』開催

気仙沼水産資源活用研究会(kesemo)は、山形県鶴岡市のイタリア料理店「アルケッチャーノ」オーナーシェフ奥田政行さまをお迎えし2017年7月19日(水)、『食から始まる地域づくり~アイディアとヒントの探し方』と題して食を通じて新たな地域づくりと商品開発に関する考察を深めるためのセミナー(1部)と意見交換会(2部)を開催しました。

第1部:会場の様子
開会の挨拶:足利会長
開会の挨拶:菅原市長
公演する奥田シェフ
スライドを使って丁寧に説明する奥田シェフ

奥田シェフの地元・庄内地方の地場食材や自然を研究・活用し、どのように周囲を巻き込みながら庄内の食のブランド化を実践していったのかを事例を交えて、丁寧に説明してくださいました。

第2部は意見交換会。
グループ毎のテーブルに分かれ、水産資源の活用についての意見交換を行い、最後にテーブル毎で発表し、アドバイザーからの総評をいただき閉会しました。