気仙沼水産資源活用研究会

気仙沼水産資源活用研究会 設立に込めた想い

菅原茂 気仙沼市長
菅原 茂
気仙沼市 市長

本市では、東日本大震災からの創造的産業復興を具現化する象徴的な組織として、平成25年11月に気仙沼水産資源活用研究会を設立しました。

震災以前から、人口減・若者の流出などの課題が山積していた本市にとって、震災前に戻すだけの復興では課題は解決できません。海の幸にも山の幸にも恵まれた土地ですが、これまではその資源をそのままの形で提供することが多く、高度な加工技術が育まれにくい環境でした。震災を契機に、これまでの気仙沼にはなかったような新しい産業、若者が帰ってきて働きたくなるような高度で高収益な産業を作りたい――。それが、気仙沼水産資源活用研究会設立に込めた思いです。

設立以降、猪狩会長を中心とした役員・並び会員の皆様の経験と英知、そして熱意を結集して、水産資源の多角的活用に向け、精力的な活動を展開しております。さまざまな商品開発が進められており、本市としても官民一体となって、活動を推進していきたいと思っているところです。

甚大な被害をもたらした震災から4年、復興への槌音は着実に大きくなっておりますが、販路の回復、雇用の創出等、地域が一丸となって取組んでいかなければならない課題は山積しており気仙沼水産資源活用研究会が今後、新たな水産都市気仙沼創生の担い手として、ますます活躍していくことを願っております。

会長挨拶

足利 宗洋
足利 宗洋
気仙沼水産資源活用研究会 会長
株式会社足利本店 代表取締役社長

平成25年11月に気仙沼水産資源活用研究会を設立してから、4年目を迎えております。設立当初からのビジョン「機能性食品、化成品、美容品などの高付加価値事業を創出し、新たな産業・雇用を創造する」 に向かって進んでおります。

この会は大学・研究機関、メーカーからのアドバイザーにも参加していただき、市職員が事務局を担当するという、まさに「産・学・官」連携で、さまざまな知見を持ち寄り、お互いにアイディアを出し合いながら、活動をしています。
その成果は『市場に左右されない独自の商品、今まで無かった商品、気仙沼由来の成分を使用した商品』として、ホヤソース、ホヤ醤油、三陸まるっとわかめドレッシング、5種類の化粧品を開発・発売してきました。

会員企業は、東日本大震災で被災し自社の復興真っ只中ではありますが、気仙沼の10年、20年先を考えた時、今、新しいコトに取り組んでいかなければ街の力が弱まっていくという共通の認識のもと、ワーキンググループで意見交換を重ね新しいアイディアを創出しております。そこには、同業他社でありながら「利他の精神」という志を同じく持っている仲間だから会が成り立っていると思います。

気仙沼市の復興テーマは「海と生きる」、震災により被害を受けましたが、気仙沼の水産資源は四季により種類を変えながら、私たちに豊かな恵みを授けております。このことに感謝しながら、持続可能な資源にすること、価値を見出し有効に使用することを大切にし、新しい仕組みを創って行きたいと思います。

研究・商品開発、プロモーション、マネジメントと新しい課題に直面しておりますが、会員一丸となって、ブランド名の「kesemo+(気仙沼からもっと〇〇〇!)」にあるように、もっと新しいステージを目指して頑張って参りますので宜しくお願いします。