「気仙沼水産資源活用研究会」設立に込めた想い

菅原茂 気仙沼市長

菅原 茂
気仙沼市 市長

本市では、東日本大震災からの創造的産業復興を具現化する象徴的な組織として、平成25年11月に「気仙沼水産資源活用研究会」を設立しました。
震災以前から、人口減・若者の流出などの課題が山積していた本市にとって、震災前に戻すだけの復興では課題は解決できません。海の幸にも山の幸にも恵まれた土地ですが、これまではその資源をそのままの形で提供することが多く、高度な加工技術が育まれにくい環境でした。震災を契機に、これまでの気仙沼にはなかったような新しい産業、若者が帰ってきて働きたくなるような高度で高収益な産業を作りたい――。それが、「気仙沼水産資源活用研究会」設立に込めた思いです。

設立以降、猪狩会長を中心とした役員・並び会員の皆様の経験と英知、そして熱意を結集して、水産資源の多角的活用に向け、精力的な活動を展開しております。さまざまな商品開発が進められており、本市としても官民一体となって、活動を推進していきたいと思っているところです。

甚大な被害をもたらした震災から4年、復興への槌音は着実に大きくなっておりますが、販路の回復、雇用の創出等、地域が一丸となって取組んでいかなければならない課題は山積しており「気仙沼水産資源活用研究会」が今後、新たな水産都市気仙沼創生の担い手として、ますます活躍していくことを願っております。

代表挨拶

猪狩 儀一

猪狩 儀一
気仙沼水産資源活用研究会 会長
株式会社横田屋本店 代表取締役社長

私たちの地域は、沿岸から世界三大漁場の三陸沖、さらには未知なる遠洋へと出漁し、海からの恩恵を受ながら、海とともに発展してきました。しかし、2011年3月11日の東日本大震災では、その町が大きな被害を受けました。「気仙沼水産資源活用研究会」は、その故郷を立て直すため、気仙沼市からの呼びかけに応じる形で発足しました。

自社の再建だけでも大変な中、これまではライバル同士であったはずの同業他社が手を取り合い、研究活動を進めています。水産関連の生産・加工・流通を担う事業者が中心ですが、縫製や衣類のメーカー、発酵を得意とする会社など、水産業以外にも様々な事業者が参加しているのもこの会の特徴です。また、大学、メーカーからのアドバイザーにも参加していただき、市職員が事務局を担当するという、まさに「産・学・官」連携で、さまざまな知見を持ち寄り、お互いにアイデアを出し合いながら、活動をしています。

現在、各地域では私たちを含む人々が原因で、環境の急激な変化・生物多様性の減少・資源の枯渇など問題が起こっています。海洋資源も同様で、持続可能性の危機が叫ばれています。
これからは、「資源を有効に活用」し、豊かな自然との共生を続けて行く時代です。

ブランド名の「kesemo+(ケセモ)」には、「気仙沼から、もっと!」という思いを込めました。「地域の資源」からこれまでにはなかった新たな魅力的な商品、付加価値を持つ商品が生まれ始めています。どんな商品が生れてくるか、ぜひ楽しみにしていてください。

私たちの地域は、

震災により多くのものを無くしました。
震災により多くのものも授かりました。
            
この経験を私たちが生かしていけるのは今です。
エネルギーがこの地域に集中しているのも今です。

「自然を尊重し、持続可能な共生が出来る未来のモデル地域」

「気仙沼水産資源活用研究会」も、その一助になれるように研究活動を進めていきます。